ベストフレンド法律事務所

最新情報ブログ


せいけんだっかん


2011/09/04 05:13

「菅直人首相は26日夜、首相官邸で記者会見し『本日、(2011年度)第2次補正予算を加え、三つの重要案件が成立したので、民主党代表を辞任し、新代表が選出された後、首相の職を辞する』と述べ、改めて退陣を表明した。」(時事通信)

次の総選挙で自民党が政権奪還をするかどうかはわかりませんが、いちはやく政権脱菅はしましたね。
福島第一原発の処理をめぐり混乱を極めていたのは事実で、漫画にもなったそうですが(「お粗末くん」だっけ?)、誰が首相でも同じだったのではないかなあ、と僕は思っているのです。
むしろ、水素爆発のときにもコメンテーターの原子力の専門家が「格納容器の爆発ではなく想定される中でもっとも軽いケース」とNHKで繰り返していたように、30キロまで避難する必要あるのか?と非難する雰囲気の中で、「念には念を入れて」と枝野が言い訳しながら30キロ避難を決めたのは、菅の功績なのではないでしょうか。

ただ、ストレステストはいらなかったよなあ。非常時にはあまり周囲の雑音を気にすることなく、バランスなどを考えない強い統率力が必要で、それが良かったかどうかは後世の判断に任せる態度が必要だと思うのですが、菅はサロンパスを貼り足りなかったようです(←リーダー湿布)。

(出典:デーブ・スペクター「いつも心にクールギャグを」幻冬舎)




コメントする

名前


電子メール


URL


コメント




< 前へ一覧次へ >

このページの先頭へ[1]

HOME[0]

お電話でのご相談予約・お問い合わせ
携帯電話でも受付中
メールでのご相談予約・お問い合わせ

事務所案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー
友達にURLを教える
PCサイトのURLを送る

(C)ベストフレンド法律事務所